« 2021年9月 | トップページ | 2021年12月 »

2021-10-24

奈良へ戻りました。

綱渡りな1泊2日の巻

~お月様とともに帰宅~

子どもは、お留守番で私のみ参列したので、親戚とじっくり話せてよかった

20211024_190700

時折あふれてくる悲しみをこらえながらの帰宅

でも、帰りの飛行機と鉄道ではお月様が現れた

奈良までおじいちゃんが付いてきてくれて見守っているんだと感じる

さて、久しぶりに1人でラウンジに入った

20211024_180828

もちろん皆、ラウンジでも常時マスクしていた

機内では、JALはドリンクサービスがなかったけれど、ANAは冷たいドリンクのみの提供があった

伊丹空港では空港警察署へ行きでの落とし物をとりにいったり、、綱渡り状態をなんとか乗りきっている

この1泊2日は産後初で子どものいない夜を経験した

明日からまた日常が始まる‥四十九日まではこの世にいるらしい

おじいちゃんと共にがんばろう(^_^)

享年99歳。

奈良へ向かっていますの巻

昨日は行きの電車・バス・飛行機から夕日がみえて、葬儀場に着くときには、お月様がぽっかり浮かんでいた

夕日もお月様もおじいちゃまが見守って付き添ってくれている証だと感じる

20211024_135944

↑↑いとこの画家による昨夜の似顔絵

納棺と通夜には間に合わなかったけれど、葬儀には参列できた

食欲旺盛でカクシャクとしていた祖父

子どもがいない分、ゆっくりとお別れができた(自宅で夫が子ども二人とお留守番してくれている)

主人「ふたりみてるから、ゆっくりお別れしておいで」と提案してくれた夫に大感謝(電話口では荒ぶる子どもに悲鳴をあげてたけど‥笑)

昨夜、帰りの便も取れたので本日中に帰宅できそう‥全てが滑りこみで間に合ったのはおじいちゃまの計らいのおかげ

温泉が有名な別府なのに浸かれなかった

20211023_195346

でも駅前に銭湯のような温泉を発見(昔からある安くて有名な温泉)

ラーメン柳家も行けなかったけど、おじいちゃんとやっと会えてつくづくよかった

2021-10-23

おじいちゃまのご帰天。

飛行機で別府へ向かっていますの巻

20211023_175016

きのう金曜日の夕方に祖父の訃報がはいり、なにも手につかなくなった

20211023_175315

夏に会いに行こうとしたらコロナで行けなくて、だから冬に会いに行くつもりだったのに‥もう2年会っていない

葬儀参列については、子どもが小さいので奈良からそこそこ遠いから随分と迷った

けれど、やっとおじいちゃんに会えるなら別府に行くんだと決心した

大分には1人で出発した

夫が家でふたりをみててくれている‥感謝しかない、ありがとう

帰りの便も取れてない綱渡り状態だけれどあらゆる可能性を探りながら前へ進んでいる

20211023_184139

この暖簾、、空港に到着したらロビーまでの道にかかっていた‥

少し和んだ

2021-10-04

男の子のリュック。

ZARAのクロコダイルリュックの巻 

~よく恐竜と間違われます~

Dsc_7684

恐竜としょっちゅう間違われるけれど、ワニのリュック

以前、買うか悩んでいるうちにあっという間にZARAで完売しちゃったもの

未練とご縁があって‥ある日フリマアプリにて、やっとこげっと

そのうえ新品未使用で嬉しかった

そういえば‥独身時代とか私はいつも子どものリュックには何が入っているんだろうかと謎だった記憶がある、、(知らない親子に質問したこともあった位だし‥笑)

うちは重いと持たなくなるのでタオル位しかいれてない

海外旅行時には機内持ち込みでキッズリュックにオムツをいれてる人もいて「なるほど(・_・)」っておもった

中に内ポケットはないけれど、両サイドにはメッシュ素材でできた透けるポケットがついている

Dsc_7685

街中や公園でこれを背負っていると、可愛いですねーと、よく話しかけられる‥(^_^)

そしてZARAではないけれど、お兄ちゃんもクロコダイルのリュックを持っている

Dsc_7703

兄弟でそれぞれ違うタイプのクロコダイルリュックを、その日の容量に応じて使い分けしていまーす(^_^)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年12月 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ