« 2018年12月 | トップページ | 2019年5月 »

2019-04-30

点滴が私の杖。

入院中、頼りになる物の巻~手術後5日目~

Dsc_1199_2

「キャスターつき点滴棒」

帝王切開手術後は、歩きはじめが痛くてしんどい

そんなとき点滴棒があると、歩くとき杖になる

 

手すりだと少し低かったり、途切れたりする分、点滴台なら高さもちょうどよく、屈まなくてもいい

Dsc_1197_1

点滴は術後3日目に取れたけれど、今日は傷口の退院処置をしてちょっぴり痛むのでお借りしている

注意点

*数に限りがある(必要な人最優先)

*頼り過ぎるとかえって危ない

2019-04-29

5月1日生まれ。

もし5/1生まれだったら‥の巻~手術後4日目~

Dsc_1135

入院中の病院は大型連休によりお休み中で、とっても静かで空いている‥

助産師さん達が「皆、新元号狙ってるのかな」と話してる位、病棟はガラガラ

予定日5/3だったから、どうせなら5月に産みたかったような気もするけれど(笑)

もし5/1生まれだったらこの病院で取材を受けていたみたい

‥だというのに、私は5月1日が退院日である(^^;

2019-04-27

フォトブック。

第一子との思い出を形に‥の巻~手術当日~

1556117637962

昨夜は手術後1日目‥切ったお腹の激痛で眠れなかった

それで夜中にナースコールし、処方してもらった痛み止めが効いて朝まで熟睡できた

「痛みはどんどん取っていったほうが良い」と看護師さん

主治医によると、創部と子宮収縮のダブルが来ていて1週間程度でなくなるが、収縮の痛みは第二子のほうが強いとのこと

昨日は余裕がなかったけれど、入院日と手術当日は、フォトブックを編集した

第一子と過ごす出産までの大切な時間を形にしたくて毎月作り続けている(nohanaは毎月1冊無料←I'm not 回し者)

そしたらなんと!ボーちゃんが自分で手に取って自身でも眺めるようになったんだ

Dsc_0936

今回の分も4/24で96歳になった👴祖父に手配した

わが家にも届くので退院後のお楽しみ♥️

2019-04-25

大安産。

出産報告の巻~手術当日~

本日の午前中、予定帝王切開により無事に男児を出産した

Dsc_1083

今日は平成最後の大安だからか「大安産」だった

前回は難産だった分、2回目のほうがこわかったけれど、

落ち着いて心配することなくうまくいった(^_^)

(1度めの出産は陣痛→陣痛促進剤→緊急帝王切開→輸血ギリギリの出血多量→追加手術→貧血→入院期間延長コース)

Dsc_0008

今私はベッド上で6箇所ほど体があちこちつながれ拘束されている(点滴・フットポンプやら‥)

及び38時間(昨日18時から明朝まで)絶食中

でもお腹が減らないから、なんとかしのげそう

禁飲や寝返りは手術戻りから3時間で解禁(第一子のときほ22時間お水が飲めず相当こたえた)

そろそろ麻酔も切れてくるらしい、ピークは越えたがあともうひとふんばりだ

オリジナルのテレビボード 。

インテリアの巻

Dsc_0917

奈良市にある工務店に依頼し、オリジナルで作ってもらったテレビ台

フルオープンで可動棚、お掃除ロボットが入るのがこだわりポイント

夫と6ヵ月がかりで話し合い、工務店にデザインをもちこみ、打ち合わせから4ヶ月を経て形になった

色は、壁や床と調和がとれそうな赤っぽい色合いを選んだ

夫が描いたデザイン・設計図をもとに作ってもらった世界でたったひとつのわが家だけのオリジナル

Dsc_0983

収納がまだ追いついてないけれど、テレビも新調してリビングルームらしくなってきた

棚はDVDやレコードを並べてちょうどよいサイズにしてある

インテリアって自由だけれど、自分なりの回答を出していくまでの経緯が楽しいな

2019-04-18

帯解寺。

「令和」と初めて書いた!の巻

Dsc_0971_2

直前ながら先週末、5月の第二子出産予定日にあわせて安産祈願をしてきた
第一子を出産した愛育病院が天皇家ゆかりだったことから、帯解寺(おびとけでら)にて参詣

はじめは世界遺産の春日大社にいく予定だったけれど・・奈良人は多くの妊婦さんが帯解寺に行くらしい
平安時代からある由緒あるお寺ながらもこじんまりとして落ち着いていた

Dsc_0967_1

週末は混むと聞いていたけれど土曜日14時に行ったら4組で比較的空いていた
予約不要!8:30~16:30に来た順で受付だけれど、ねらい目は8:30頃で1組でも祈祷してくれるそう

Dsc_0948 

ご祈祷料はお札とお守りも含めて一律1万円とあり手厚い印象
腹帯へのご朱印も入れてくださりとっても丁寧なご対応だった

ただ、ご祈祷中に数回ひとりずつ名前と年齢を数え年で読まれるのは、むちゃくちゃ恥ずかしいかも

申込書の出産予定日欄に「令和元年」と初めて書くことになった

Dsc_0831

「令」って書くのけっこうむずかしい・・特に5画目の下に払うところ

このお寺は美智子さまが訪れたことでも有名なため、住職さんに聞いてみると・・
ご本人は、いらっしゃってないと教えてもらった

かなりの勇気がいったけれど本当のことが聞けてよかった

もともとは12月に行くはずだった安産祈願だけれど、お花見がてらあたたかい日和に行けたのは
清々しくて思い出になった

2019-04-01

新元号。

Dsc_0830_1

新しい年号はなんだろう‥と予想

平成のとき、「平」は平和を由来して当てたんだ(^_^)v

今回の予想は「心」がつくこと! 

<音節>明治3音節(M)、大正4音節(T)、昭和→3音節(S)、平成4音節(H)

この流れだと3文字かしら。

けど、聞こえとして落ち着くのは4文字かもしれないなぁ。

画数は少なく、小学生でも簡単に書ける漢字だろう♪

小学生用の漢字辞典を眺めながら悩んだあげく‥

<画数>明治→8+8=16画、大正→3+5=8、昭和→9+8=17、平成→5+6=11

ま行、た行、さ行、は行以外で考えてみると‥!

文化が盛ん「郁」で、心を大切にする時代という意味をこめ‥私の予想は「郁心(いくしん)」にしよう!

由紀子

« 2018年12月 | トップページ | 2019年5月 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ