« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018-11-05

着物のお稽古。

京都のお稽古の巻

Dsc_1042
(下絵:したえ)

ものすごく悩んだ末、8月から友禅染め梅の花 デコメ絵文字のお稽古に週1で通いはじめた

子どもがいると「ひとつ・ふたつ・みっつ・・・」と「つ」がつかなくなる年齢10歳まで
じぶんのことは何もできないと聞く

だから始めるにあたりとても迷った矢印悩んでいる頃の記事

来年5月出産予定日で妊娠が発覚した頃だった

Dsc_1121_2
(ぷっくりしたANAのマタニティマーク)

けれども、やってみたらどうなるのか試してみたかった
むしろ今しかできない気がした(゚0゚)

習い事の日は1歳児の赤ちゃんを預けている
でも、保育園はとっても楽しそうはーと先生方も可愛がってくださり安心安全はーと

これも夫の理解と周りの皆さまのおかげだ
感謝感謝梅 デコメ絵文字ボーちゃん待っててくれてありがとう

予定では3月に自分の帯が完成するのはお楽しみ

Dsc_1207
(糊置:のりおきは制作の仕上がりを左右する)

教室では完成まで職人と同じ工程をふむ
工程ごとに職人の先生がついてくださり直接指導を受けている

今では、工房から紹介された着物の展覧会に行ってみたり、
関西での新しいご縁がつながりはじめている

ぼんぼりこのまま3月まで通ってみて・・改めて自分に感想を聞いてみようとおもうぼんぼり

2018-11-04

旧家の花嫁衣裳。

千總でギャラリー見学の巻

Dsc_1264

10月29日、京都市京都にある京友禅着物の老舗 千總(ちそう)の展覧会に訪れた花嫁
旧家の花嫁衣裳 幸せの記憶・・9月1日(土)~12月2日(日)

大正初期~昭和中頃にかけての衣装が展示されており、
友禅染、刺繍、絞りなど染色技術の粋をあつめた2家族の着物を見ることができた

竹西村家・・千總の創業家
竹森下家・・森下仁丹の創業家

Dsc_1260

当日はギャラリートークの日
学芸員の方から見どころや作品鑑賞のポイント、作品にまつわるエピソードをご紹介いただく(17名参加)
矢印事前申込制、次回11月11日(日)14時~、定員なし、解説資料あり(参加者のみ配布)

どれも、婚礼のために非常に力をいれて作られた作品で生地の光沢も上品ですばらしかった

Dsc_1254

印象深かったことフラッグ・日本
A)森下家は着物写真の家族写真がたくさん残されていること

B)千總の始まりは友禅染ではなく「法衣」作りだったこと
戦時中は技術の継承と職人の生活を守っていたこと

C)ギャラリートークで説明員の女性に独占インタビュー

A:15歳単身で大阪へわたった創業者竹
「後ろ盾のない大阪での創業の苦労を乗り越えた博氏は、
家族とのつながりを重んじたのでしょう」とのこと

私も身内がいない関西に引っ越してからますます家族ayaとの繋がりを感じる

B:東本願寺に法衣装を納めていた

1555年創業・・お客さまがお坊さんだったとは☆ピンク
夫「(1600年)関が原の戦いより前だねw(゚o゚)w

戦時中は「着物」ではなく「裾模様」を作ることで職人にお給料をあげることができた

C:ご自身の挙式時は和装がご希望、白無垢や打掛・色打掛を着用なさりたいとのこと花嫁

私も挙式前にこの展示会を見ておけばよかったお風呂

着付けの先生だった祖母まるちゃんのおばあちゃんばば(グランドママンヌ)のコレクションは100着
大正初期~平成初期にかけての衣装の多くは友禅染だったようだ梅の花 デコメ絵文字

2018-11-03

オーストラリアのお土産。

外国のカオリの巻

Dsc_1290

毎年夏にはどこか3週間ほど海外sao☆へ行く女友達
今夏は旅行先のオーストラリアでお土産を選んできてくれた虹

チーズ・・Lemnos
チョコレート・・HAIGH’S
紅茶Australian Afternoon・・TWININGS of LONDON

このハロウミチーズチーズ(ヤギと羊のミルクからできている)は焼き目フライパンをつけて食べるのだそう
塩分が高いチーズだれど、25%オフタイプだった

焼いたりパン粉につけてフライするなど火を通していただくらしい
サンドイッチサンドイッチにしてもおいしそう

お土産があるといつもの暮らしが豊かになる
どうもありがとう

オーストラリアの写真はあるのかお尋ねすると・・
seiもうないです…ごめんなさい
私は、旅先の写真を見返すということが全くなくて、はっきりいって興味がないのですsei

写真ばかり撮る自分は力が抜けてホッとしたくまハート

2018-11-02

クロアチアのお土産。

外国のカオリの巻

20170817_102304_r

毎年夏にはどこか3週間ほど海外sao☆へ行く女友達
旅行先のクロアチアからお土産を買ってきてくれた虹

Dsc_6927

異国情緒あふれるオリーブオイルとお塩はガラス製の容器に入っていた

キッチンに置くと存在感のあるデザインランプ1
お土産に調味料や食材をいただくと、日常生活に外国のカオリをとりこめるのが幸せ
この2つでパスタを作ったり、お塩をお豆腐にかけるとおいしかった

UJE(ウイエ):クロアチアの食材やコスメ用品のオリジナル商品が置いてあるお店

クロアチア旅行の感想
sei8月はとにかく陽射しが強くて暑かった・・海の景色がすばらしいから海好きにはおすすめsei

(2年前の当時、テロが心配だったから緊急時用にコーランをお守りに渡した
もしもの場合、もしコーランを読んだら命が救われるかもしれないから・・)

2018-11-01

愛育病院のハロウィン。

小児科デコレーションの巻

Dsc_1143

毎月、三連休は家族で都内東京タワーへ行っており、先月も行ってきた

ちょうど東京にいる間、同じ愛育生まれのbabyちゃんが入院したので、お見舞いへ
小児科病棟内は子連れ不可なのでエレベーターを出た入り口まででストップ

Dsc_1131

お見舞いはここまでだけど、お友達のママとは1階ロビーでおしゃべりタイム(9階ロビーにも行けた)

なんとも奥のハロウィンツリーが可愛すぎて、のちほどママに撮ってきてもらった

Photo

うなるほどのセンスを感じるかざりつけ
もしかしたら、今日からクリスマスmomi2*になっているのかな

さらに受付も撮ってきてくれた

Photo_2

こんな愛らしい病棟なら子ども達もくつろげるだろうな
今年3月も小児科外来のお雛様が印象的だった→

ちなみに入院時のパジャマは「前開き」を「持込み」だそう
そこは妊婦さんと同じなんだね

さて、テレビテレビで見た今朝の渋谷では・・
前回紹介したハロウィン袋を持ち、コスチューム姿でゴミ拾いをしている善良な人達の姿があったポイントすばらしい

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ