« 仰天!ゆでたまごをむいた1歳児。 | トップページ | 全日空に赤ちゃん連れで乗った感想。 »

2018-10-12

あかちゃん連れのフライト。

赤ちゃん連れ搭乗17回目の巻
~ベビー初搭乗1周年記念日~

Dsc_0973
(JALで配られていたコップ)

子どもと搭乗したときのお楽しみはオリジナルグッズのおもちゃくま

コップは巾着袋もついてて気分が上がる真珠 デコメ絵文字
7月の搭乗時sao☆は、右2つのデザインから左のオレンジ色に変わっていた

9月はコップが配布されていなかったので人気でなくなっちゃったのかな
seiしまじろうのあそぼうブックをいただいた(左の赤ちゃん専用毛布は必ず眠る)

Dsc_1038
(JAL:赤ちゃん専用ブランケットとしまじろうとあそぼうブック)

sei最近では全日空でもらったシールがお気に入り

Dsc_1217
(ANA:おでかけシールブック)

さて、今回は17回のフライト経験から定着した赤ちゃん連れでの空港の過ごし方をご紹介
一番大事なのは、時間に余裕をもって行動すること(最低でも出発2時間前到着)

空港sao☆内は広くて移動も大変溜息授乳室を探すのも一苦労で何かと時間がかかる
よって、空港には早すぎる位の到着がちょうどいい

Cloudy搭乗手続きは赤ちゃん用のカウンターへ
空港に着いたら早めにチェックインカウンターへ矢印各航空会社ごとに子連れ用カウンターがある

日本航空・・JALスマイルサポート・ご案内 (ベビーおでかけサポート参照)

Dsc_7491
(日本航空)

全日空・・お手伝いが必要なお客様専用カウンター(小さなお子様連れのお客様 国内線参照)

Dsc_7046
(全日本空輸)

Cloudy搭乗手続時にやること
チェックイン
荷物・ベビーカーのお預け
(JAL可、ANA不可)
空港備え付けの貸出用ベビーカーを借りる
到着空港でのベビーカー貸出予約

Dsc_1128
(空港内の専用ベビーカー)

pointポイント搭乗手続き時に貸出ベビーカーを予約しておけば到着地にて、ゲートからすぐ使えて体が楽

Cloudy授乳室へいく
搭乗口を自分の足で実際に確認してから授乳とオムツ替え矢印手荷物チェックを通過し、実際にゲートの場所を確認してから授乳室へいくと安心

Dsc_7492
(羽田空港授乳室)

Cloudy上級編
ラウンジでゆっくりお茶しながら過ごす
ちょうど1年前の今頃、初めて乳児連れで飛行機に乗り、アタフタした
赤ちゃんがいると何かと時間がかかるしギリギリ(ΦωΦ)・・ラウンジなんてとんでもなかった
でも慣れてきたらラウンジでお茶コーヒーできるようになり感無量

関西空港(手荷物検査後)の授乳室はインテリアがきれいで可愛い貝 デコメ絵文字
赤ちゃんもとっても気分があがる優しい空間ぞう

Dscpdc_0000_burst20180628141535640
(関西空港第二ターミナル)

気球イラストの壁もな色使い

Dsc_0322
(授乳室の壁紙)

ちなみに、この三連休は、関西空港sao☆第一ターミナル2Fの授乳室におねえさまがおられた

パンパースのオムツと折り紙の手作りおもちゃをくれた
子どもをあやしてもらえたりもして、授乳室の空間で親子とも楽しく過ごせた

私は大抵、母子ふたりでのフライトなので毎回大変さガイコツもひとしお
失敗は数知れず(゜Д゜;≡;゜Д゜)
でも毎回、発見や出会いがあって利用すればするほどおもしろい

空港でも機内でも喉が渇くのでいつでも水分補給できるようにペットボトル飲み物を携帯しておくのも
大事

« 仰天!ゆでたまごをむいた1歳児。 | トップページ | 全日空に赤ちゃん連れで乗った感想。 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ