« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017-10-05

子守唄。

日本の童謡の巻

Dsc_5219
(ダンボぞうのお母さんが歌った子守唄BABY MINEぞうも名曲)

妊婦のとき両親学級で習ったことにひひ
昔ながらの子守唄:ゆりかごのうた

「1番のみでいいから赤ちゃんが泣いたら歌いつづけましょう!
泣きやむし、なにより自分自身が落ち着きます!」
by助産師さん

♪ゆりかごのうたを カナリヤがうたうよ ねんねこねんねこ ねんねこよ♪

あるママのエピソード
第1子のときはこの歌で泣きやんだが、第2子は泣きやまない
それでも自分が落ち着くので歌い続けていた
すると2才になった第2子がひとりで歌い始めた・・

泣きながらも赤ちゃんはちゃんと聞いているんだなあくまaya

2017-10-04

産褥院で教わり役立ったこと。

お雛まきの巻

Dsc_5596
(お雛まき 全身バージョン)

狭い子宮のなかで丸まっていた赤ちゃんは体を包まれていると安心するらしい
seiそれに基づいたお雛まきという方法を産後ケアセンターで習ったので自宅seiで試してみた

Dsc_5735
(お雛巻き上半身のみバージョン)

グズっていたのにすぐにスヤスヤshokoponayaが始まり、大成功sei
sei産褥院では、ほかにも掛け布団で赤ちゃんを囲う方法もされていた

Dsc_5631
(プーさんのぬいぐるみから奏でるのは心拍音)

入所前は泣き対応ayaに困っていたayaけれど・・産後ケアセンターで引き出しが増えてよかった

ほかに、おしゃぶり・ラックアンドチェア・静かな音楽をかけると入眠月しやすくなった

でも助産師さんが強調していたのは抱っこ
sei基本は抱っこです・・道具は補助的に使うものsei

まずは抱っこをを忘れずにいよう

(おくるみはaden+anais(エイデンアンドアネイ)がちょうどよいサイズだそう
息子のはバーニーズニューヨークベビーコレクションハート

2017-10-03

お宮参り。

赤ちゃんが生まれて初めての行事の巻

Dsc_5723

10月1日(日)、梅で有名な梅の花 デコメ絵文字谷保天満宮梅の花 デコメ絵文字までお宮参りへ
安産祈願をした神社なので誕生した報告と健康祈願をしてきました

ちょうど1週間前に5年に1度の大祭をおえたばかりのタイミング・・
今年はおみこしを担げなかった代わりにお着物冬 の絵文字で行くつもりだったけれどそんな余裕はなし

Dsc_5730

ご祈祷後は会津塗りのお食いぞめセットと絵馬、お守りをいただき大感激
どれも梅模様がはいっていて素敵な意匠お正月 見てね(o^∀^o) の画像

えんぴつお宮参りの準備メモ
1)神様にさしあげる祈祷料(相場は5,000円らしい)をいれた、のし袋を用意しておく
(持参しておらず巫女さんからいただいて対応)

2)のし袋に書くこと:上の段・・玉串料 下の段・・赤ちゃんの名前ちゃん
(見本通り書いたら「御」を書き忘れた私)

2017-10-02

産後ケアセンター。

ゆっくりお母さんになるの巻

Dsc_5679

愛育病院病院退院後は10日間自宅で過ごし、産後ケアセンターに入所しておりました
ここは母子(生後4ヵ月迄バンビ)で宿泊(or日帰り)し24時間体制で専門職による育児支援をうけることができます

慣れない育児で疲れ、心身のバランスをとるのがやっとガイコツの日々が…
1週間のsei育児合宿seiで体が回復したうえ、子育てに必要な技術を教えてもらいました
相談事や質問がたくさんできてほんとうによかったはーと

助産師さん、保育士さん、臨床心理士さん、子育てに必要な技術を教えてくださり、そして癒していただきありがとうございましたaya

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ