« 泥着(どろぎ)。 | トップページ | サンケイリビング新聞社 連載企画。2 »

2017-05-25

相撲部屋で朝稽古見学&ちゃんこ体験。後編

相撲部屋に住みたい!!の巻
~「食べ稽古」体験~

Photo_7
(大志龍さん

後編は心・技・体を支える力士の食事「ちゃんこ編」

2階の食堂へ大移動し、木瀬部屋特製しょうゆちゃんこをご馳走になる
力士の食事は鍋以外も全て「ちゃんこ」と呼ばれている

Dsc_4545
(力士は通常4~5杯たべる)

給食のようなお鍋(直径50cm程)には、野菜たっぷり具沢山!
大きめにカットされた食材は食べ応えを意識した工夫

鍋の食材:大根・しめじ・人参・キャベツ・えのき・豚・ほうれん草
ちゃんと染みたちゃんこ鍋、おいしかった

力士からのお声掛け
「もし、ちゃんこがなくなっても僕達は飢え死にしませんから沢山食べていってくださいね」
空腹のはずの力士達による給仕には真心を感じたはーとはーと

ふんわりと優しく握られたワカメのおにぎり、分厚い玉子焼き

Dsc_4536

ご飯がすすむ牛肉ピーマン炒め・ポカポカ味噌煮込み

Photo_15

ほうれん草のごま和えは、ふわっと感が上品なまあるい盛りつけ

Dsc_4538

力士の優しさと愛が詰まったお食事は
全てがおいしく今、思い出しても幸せになる味わい

おふくろの味に感動し、厨房を見せてもらうaya
なんと調理・美しい盛り付けは女将さんかと思いきや、力士達によるものル・クルーゼおたま

Photo_10
(肥後ノ龍さん

業務用サイズの冷蔵庫はフル稼働野菜野菜

さて今回、とうとう長年の夢が叶った!!!!!!
初めて力士のお腹を触らせてもらえた!!!!!!

イメージしていたやわらかさとは異なり、かたくて弾力性があるわーい

Photo_13
(佐々木山さんのお腹)

お腹を出していて冷えないのかいつも不思議

その上、バッグにつけていたマタニティーマークを見て力士がお声掛けしてくれた
私のお腹も着々と力士のお腹に近づいていることが、すごく嬉しいとお伝えする

1493186788490

和やかな雰囲気のなか、互いの「腹談義」をして楽しかった
(胎児はbどうブドウ1粒からスイカの大きさになる話をすると「スイカまでいくんだ!」と
驚いてくださった。)

「むしろお腹を触ってみてもいいですか」と聞かれ(笑)、お相撲さんにお腹を触っていただいた
ご利益がありそう

Photo_12
(木崎さんからの安産祈願)

「妊婦さんのお腹を触るのは初めて・・」とのコメントが面白かった

なにより稽古見学は胎教になった(笑)

名残り惜しいなか、木瀬部屋をあとにし、
墨田区観光協会のご案内で両国街歩きを楽しみ解散

しばらく登山に行けてないのでハイジクラブ両国店

Dsc_4567
(アルプスの少女ハイジ公式通販ショップ)

国技館や相撲部屋が集まる両国に思わずお引っ越ししたくなる
(相撲部屋に住み込みしてみたい)

Photo_16
(OMAKE)

○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○
えんぴつメモ

・木瀬部屋
東京都墨田区立川1-16-8
関取経験力士:宇良 德勝龍 臥牙丸 英乃海 明瀬山(順不同・敬省略)

・今回の企画は百貨店カード会員向けの催し

・稽古見学マメ情報
-多くの相撲部屋では、一般人の稽古見学を受け入れているものの、
タイミング等が難しい。
(場所前・中・後、出稽古、稽古休み時は見学不可だったりする) 

-関係者でない限り、見学後にちゃんこ鍋をごちそうになれることは少ない。

-稽古見学中は力士の集中力を妨げないよう静かにする。
(撮影は可否は当日の状況による・フラッシュ禁止)

-猫がいる稽古部屋もある。

○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○

Dsc_4580
(三越本館6階お得意様サロン)

帰りは日本橋までゆっくり歩いてオールスター nrオールスター nrお茶日本茶(透過)してから帰宅
楽しすぎる1日だった

« 泥着(どろぎ)。 | トップページ | サンケイリビング新聞社 連載企画。2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ